2011年07月28日

子供たちにも増えているストレートネックとは?

ストレートネックは、最近では
子供たちにも増えているのをご存知ですか?






首や肩の痛み、頭痛など、
ストレートネックの症状は大人でもつらいものです。


首の骨は、少し前にカーブしているのが正常です。
しかし、何らかの原因で、まっすぐになってしまう状態を
ストレートネックと呼んでいます。



細い首で重い頭を支えるには、
適度なカーブで重心をとらえなければいけません。


また、頚椎(首の骨)のカーブは、
衝撃を吸収する役割もあり、とても大切なのです。


そのカーブが失われてしまうと、
頭を首の筋肉だけで支えることになって、
肩こりや首のハリが起こり、いろいろな症状が現れます。



ストレートネックは、
パソコン作業のようなデスクワークの人に多く、
その原因は、座っている時の姿勢によるものと考えられます。


ですから、最近では、ゲームや勉強を長時間続ける
子供たちにもストレートネックが増えているというわけです。


⇒ ストレートネックを自宅で改善する体操



ストレートネックの症状 首や肩の痛み、頭痛など

ストレートネックのつらい症状に
あなたのお子さんは苦しんでいませんか?





● 頭痛がする。
● 肩がこる。
● 首が痛い、首が動かない。
● めまい、ふらつき感がある。
● 手にシビレ(しびれ)がでる。
● 寝違いを繰り返す、枕が合わない。
● 吐き気がする。
● 耳鳴り



このようなストレートネックの症状は、
男女問わず多く現れますが、これはなにも
大人だけに限ったことではないんです。


最近では、ストレートネックの症状を訴える
子供たちが増えているんですよ。



ストレートネックを発症するのは、
パソコン作業のようなデスクワークの人に多く、
座っている時の姿勢が大きく影響しているんですね。


ですから、ゲームや勉強を長時間続ける子供たちにも
近年、ストレートネックが増えているんです。


あなたのお子さんは大丈夫ですか?


ストレートネックのもっとも簡単な判断方法は、
「上を向けるかどうか?」です。


これで全てを判断することはできませんが、
一つの目安にはなると思います。


ストレートネックの症状は
身体全体の歪みが大きく関係しています。



ですから、簡単な体操を一日5分程度するだけで、
1〜3週間で改善できることが多いんです。


⇒ 詳しくはこちらを見て下さいね。



ストレートネックの根本的な原因は、やはり姿勢?

ストレートネックの根本的な原因は、
やはり姿勢の影響が大きいようですね。





長い時間、うつむいたままの姿勢でいると、
首の生理的なカーブが失われてしまい、
ストレートネックになってしまうことがあるんです。



長時間のパソコン作業は、その代表ですね。


子どもの場合では、携帯やゲームに夢中になり過ぎて、
ずっとうつむいたままでいることが原因になることも・・・
ゲームもほどほどにですね。


その他にも、意外と多いのが、
バレエなどで過度の姿勢矯正をしている場合です。


姿勢を気にして、いつも顎を引いていると、
首の自然なカーブが失われてまっすぐになったり、
ひどい場合は、首が逆カーブになってしまうことも。。。


お子さんの場合は、ここまでの症状は少ないと思いますが、
頭痛や肩こりの悩みは多いのではないかと思います。


ストレートネックになってしまったとしても、
一日5分程度の簡単な体操をすることで、
1〜3週間で症状を改善できる方法があります。


⇒ 詳細はこちらで確認して下さいね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。